弾性ストッキング

下肢静脈瘤 弾性ストッキング

医療用のストッキングで足首の圧迫圧が一番強く、脚の上部に行くにつれて段階的に圧迫圧が弱くなるように設計されています。これを『段階的圧迫法』と呼び、血液を心臓の方に戻しやすくするために工夫されています。
弾性ストッキングを着用すると、下肢の静脈は運動する筋肉とストッキングに挟まれるような形となるため、より静脈は筋肉に圧迫されるようになり筋肉ポンプ作用が向上します。その効果は表在静脈にも及び、下肢静脈瘤による血液逆流の減少、下肢組織血流の改善等が期待できます。
弾性ストッキングなどによる圧迫療法は、あくまでも進行防止、現状維持が目的で下肢静脈瘤そのものが治るわけではありません。
下肢静脈の循環改善のためであれば、ハイソックスタイプでも、ある程度の役割を果たすことが出来ます。硬化療法後の圧迫が目的であれば、治療部位により、大腿までのストッキングタイプやパンティストッキングタイプが選択となります。
ハイソックスタイプにも、つま先なしとつま先ありの2種類があり、着用の仕方が異なります。つま先のあるものは、踵部分の扱いにコツがありますので、下方の動画をご覧ください。
つま先なしは写真のように、フットストリップが活用出来ます。


価格

3,700円〜8,500円(仕様により異なります。)


使い方のポイント

充分な効果を得るために、弾性ストッキングの正しい使い方を理解しましょう。

1.弾性ストッキングは医師の指示のもとに適切なものを選びましょう。

低圧迫の強さや丈の長さには色々な種類があります。
弾性ストッキングの適正は、病気の症状や程度によって異なります。
そのため弾性ストッキングを選ぶ際は、医師のアドバイスに従うことをお勧めします。

2.弾性ストッキングは履き続けることが大切。

圧迫圧が強いストッキングは装着しにくいと感じる場合があります。
その場合は、まずいつも使っている普通のストッキングを装着し、その上から弾性ストッキングを履くと良いでしょう。
また皮膚が弱い人も同様にすることで、かぶれ等を防ぐことが出来ます。
さらに少し弱めの圧迫ストッキングを2枚重ねて装着するタイプのストッキングで強い圧迫感を得る方法もあります。
少し弱めの圧迫性なので、その分比較的簡単に装着できます。
2枚重ねて履くと1枚の1.7倍~2倍の圧迫圧を得ることが出来ます。
上手く履けない場合はご相談下さい。

3.違和感を感じたら使用は中止しましょう。

しびれや痛みを感じたら、圧迫により血行障害が発生・悪化している可能性がありますので、
すぐに使用を中止してください。
また弾性ストッキングでかぶれることがあります。
かゆみやしびれ、痛みが出た場合は無理に履き続けないで医師に相談しましょう。

4.圧迫感が弱くなったり、破損したら新しいものに替えましょう。

一般的に医療用の弾性ストッキングは90回洗濯しても圧迫圧は落ちないように設計されています
(装着なしで洗濯だけの場合)。
圧迫圧が弱くなると治療効果が得られませんので、使い方にもよりますが、1日おきに使用した場合でも半年を目安にして新しいものに替えてください。
また、伝線など破損した場合も同様です。
又、自分でハサミで切って使うこともやめましょう。効果的な圧迫圧が得られなくなります。 上手く履けない場合はご相談下さい。


正しいストッキングの履き方
下肢静脈瘤 弾性ストッキング履き方図
  • 1.ストッキングに手を入れて「かかと」の部分を内側からつまむ。かかとをつまんだままストッキングをひっくり返す。
  • 2.かかとを下側にして、両手の親指を入れて左右に押し広げる。
  • 3.両手を押し上げたまま、足先から一気にかかとまで挿入し、かかとをストッキングのかかとの部分に合わせる。
  • 4.両手で裏返されたストッキングの端を持ち、足首・ふくらはぎ・  膝に向かって少しずつたくし上げる。
  • 5.履き終わり。

履きにくい装着例
下肢静脈瘤 弾性ストッキング NGな履き方

NG!

普通のストッキングや靴下を履くように弾性ストッキングをかかとのところでたわませると、生地が伸びにくくなるため履きにくくなります。

着脱時

ずり下げるのではなく弾性ストッキングを裏返すように脱いでいくと簡単に装着できます。

使用時の注意点

下肢静脈瘤・リンパ浮腫の日常ケアとして、弾性ストッキングを正しく使いましょう。

下肢静脈瘤 弾性ストッキングNGな履き方
  • たるみやしわができないように、均一に履き上げて下さい。
    折り返しての装着はしないでください。
    局部的に強い圧がかかると、痛みや還流障害を悪化させることがありますので注意してください。
  • 肌荒れした手や爪、鋭利なものに引っかけると、弾性ストッキングを傷つけるおそれがありますので注意してください。
  • はさみで切るなどの加工、修理を行わないでください。
  • 医師からの指示がない限り、就寝時は装着しないでください。

そのほか

サイズ、圧迫圧は勿論ですが、綿の素材のものや二重履きタイプなど、状況で適した種類があります。当院には弾性ストッキングコンダクターの資格を持った看護師が常駐しており、相談可能です。

下肢静脈瘤について

下肢静脈瘤について
病気から治療方法までの項目をまとめました。
クリックするとページが推移します

クリニック情報

所在地
〒191-0062
東京都 日野市多摩平1-4-19-201
電話番号
042-589-3030
診療項目
下肢静脈瘤 / 内科・胃腸科 / 生活習慣病 / 甲状腺 / 各種検査 / 予防接種 / 健康診断
※当院は下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の実施基準による認定施設です
診療時間
午前9:00〜12:30(土曜13:00迄)
午後14:30〜18:30
※10:30以降の予約が可能
※日曜日:11:00まで診療
下肢静脈瘤の初診外来のみ【完全予約制】
(日曜以外は初診・再診随時受付)
休診日
木曜午後・祝日
交通手段
JR中央本線「豊田駅」北口より300m(イオンモール多摩平の森向かい)
駐車場
あり

下肢静脈瘤外来のご予約・ご相談はこちら

下肢静脈瘤 専用 Web予約、お電話(診療時間内:042-589-3030)および電話予約専用ダイヤル(24時間受付:042-582-3085)にて承っております。

日曜日は初診の方のみ下肢静脈瘤外来を完全予約制(受付時間 9:00~11:00)で診療しています。
※平日・土曜日は通常通り診療を行っております。
※胃腸科・内科、生活習慣病、甲状腺のWeb予約はこちらからご予約ができます。
ご予約に関する詳細は予約ページでもご案内しています。

診療時間
9:00〜12:30
14:30〜18:30

◎:土曜13:00まで
※:日曜午前(下肢静脈瘤初診外来・完全予約制)
日曜以外は初診・再診随時受付
休診:木曜午後、日曜午後、祝日