下肢静脈瘤治療までの流れ

1.問診と視診・触診

症状と範囲そして経過を聞き取ります。 疼痛部位が静脈瘤の場所にあれば血栓性静脈炎を伴っている可能性があり、脚先であれば動脈閉塞によるものかも知れませんので、皮膚温と足部の動脈拍動が蝕知できるか確認します。 また浮腫を訴えていれば全身疾患の可能性もありますが、押して痕が残るか(圧痕性か非圧痕性か)診ておきます。 しびれ感を下肢の外側に訴えていれば腰椎検索を検討し、脚先であれば脈波測定を行います。 皮膚病変(色素沈着、湿疹、皮膚潰瘍)の有無を確認し、皮膚潰瘍があれば、その部位により静脈性か動脈性か、あるいは糖尿病の関与はあるか検索します。 薬手帳も活用し、今までどのような治療を受けてきたのか、また併存疾患のチェックを行います。

2.検査

下肢エコーを行い、静脈瘤の程度と範囲を確認し、弁不全の程度も把握します。疼痛部位があれば血栓がないか調べます。 深部静脈血栓症の疑いがあれば、血液検査でD-dimerをチェックします。深部静脈や骨盤内の問題が疑わしく、エコーで把握しにくい部位があればCT検査が行われます。

3.説明

通常の下肢静脈瘤であれば、下肢エコーを行っている時点で、手術適応か否か、術式はどうするか決まります。

4.手術

抗血栓薬、降圧剤は服用のままで結構です。糖尿病の場合は中断していただく薬がある場合もありますし、当日血糖を確認させていただく場合があります。 当日はゆったりとした服装でお越しいただき、帰りはご自身での運転は避けられた方が良いです。

5.状態チェック

手術翌日と1週間に創と脚の状態をチェック致します。

6.再診察

血管内焼灼術(下肢静脈瘤レーザー治療高周波カテーテル治療)の場合は、1~2か月後に診察します。

下肢静脈瘤について

下肢静脈瘤について
病気から治療方法までの項目をまとめました。
クリックするとページが推移します

クリニック情報

所在地
〒191-0062
東京都 日野市多摩平1-4-19-201
電話番号
042-589-3030
診療項目
下肢静脈瘤 / 内科・胃腸科 / 生活習慣病 / 甲状腺 / 各種検査 / 予防接種 / 健康診断
※当院は下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の実施基準による認定施設です
診療時間
午前9:00〜12:30(土曜13:00迄)
午後14:30〜18:30
※10:30以降の予約が可能
※日曜日:11:00まで診療
下肢静脈瘤の初診外来のみ【完全予約制】
(日曜以外は初診・再診随時受付)
休診日
木曜午後・祝日
交通手段
JR中央本線「豊田駅」北口より300m(イオンモール多摩平の森向かい)
駐車場
あり

下肢静脈瘤外来のご予約・ご相談はこちら

下肢静脈瘤 専用 Web予約、お電話(診療時間内:042-589-3030)および電話予約専用ダイヤル(24時間受付:042-582-3085)にて承っております。

日曜日は初診の方のみ下肢静脈瘤外来を完全予約制(受付時間 9:00~11:00)で診療しています。
※平日・土曜日は通常通り診療を行っております。
※胃腸科・内科、生活習慣病、甲状腺のWeb予約はこちらからご予約ができます。
ご予約に関する詳細は予約ページでもご案内しています。

診療時間
9:00〜12:30
14:30〜18:30

◎:土曜13:00まで
※:日曜午前(下肢静脈瘤初診外来・完全予約制)
日曜以外は初診・再診随時受付
休診:木曜午後、日曜午後、祝日