下肢静脈瘤治療のご相談は森末クリニックにお任せください【日帰り手術対応・日曜初診対応・保険適応4000件以上施行】
下肢静脈瘤治療のご相談は森末クリニックにお任せください【日帰り手術対応・日曜初診対応・保険適応4000件以上施行】
下肢静脈瘤セミナー 森末クリニック院内 無料
日帰り手術対応|日曜初診対応
保険適応:4,689件施行
下肢静脈瘤セミナー 森末クリニック院内 無料
診療時間
9:00〜12:30
14:30〜18:30

◎:土曜は13:00まで
※:日曜午前(下肢静脈瘤初診外来・完全予約制)
日曜以外は初診・再診随時受付
休診:木曜午後、日曜午後、祝日

         

下肢静脈瘤 治療で当院が選ばれる理由

経験豊富な専門医による治療

1.経験豊富な専門医による治療

大学病院で血管外科を専攻してから15年、血管外科医として研鑽を重ねたのち、当院を開院。約25年間、下肢静脈瘤を日常的に治療し続けており、様々な症例を経験して参りました。

治療だけでなく見た目にもこだわる

2.治療だけでなく見た目にもこだわる

下肢静脈瘤は、静脈血が逆流することによって生じ、下賜の血液循環に以上をきたします。機能的に改善することが第一ですが、7:3で女性に多い病気です。外観的な問題により行動を制限している方もございますので、出来るだけキズを作らないよう配慮いたします。

患者様の満足度にこだわる

3.患者様の満足度にこだわる

院長・スタッフ一同、脚に関する悩みをいろいろとお聞きするよう心掛けております。当院は保険で認められたレーザー、高周波治療機器を3機種全て揃え、患者様に合わせた治療を行なっております。

下肢静脈瘤ができやすい人は?

下肢静脈瘤は男性よりも女性のほうが発症する割合が多い

性別から見る

男性よりも女性のほうが発症する割合が多い

下肢静脈瘤は年齢とともに静脈瘤の頻度は増加する。

年齢から見る

年齢とともに静脈瘤の頻度は増加する。

下肢静脈瘤は年齢とともに静脈瘤の頻度は増加する。

遺伝から見る

年齢とともに静脈瘤の頻度は増加する。

妊娠分娩をきっかけに静脈瘤ができやすくなる。

妊娠から見る

妊娠分娩をきっかけに静脈瘤ができやすくなる。

下肢静脈瘤は立ち仕事に従事している人に多く、また進行しやすい。

仕事から見る

立ち仕事に従事している人に多く、また進行しやすい。

下肢静脈瘤チェックリスト

1つでもYes がある方は下肢静脈瘤のおそれがあります!
心当たりのある方は是非ご相談ください!

足の血管が浮き出て見える
足の血管が浮き出て見える足の血管が浮き出て見える
明け方に足がつる
明け方に足がつる明け方に足がつる
足がむくむ、疲れやすい
足がむくむ、疲れやすい足がむくむ、疲れやすい
くるぶし近くの皮膚が変色した
くるぶし近くの皮膚が変色したくるぶし近くの皮膚が変色した
頑固な皮膚炎や湿疹、かゆみがある
頑固な皮膚炎や湿疹、かゆみがある頑固な皮膚炎や湿疹、かゆみがある

下肢静脈瘤について

           

下肢静脈瘤について
検査方法から治療方法までの項目をまとめました。
クリックするとページが推移します

診療時間
9:00〜12:30
14:30〜18:30

◎:土曜は13:00まで
※:日曜午前(下肢静脈瘤初診外来・完全予約制)
日曜以外は初診・再診随時受付
休診:木曜午後、日曜午後、祝日

森末クリニックについて

当院は下肢静脈瘤に対する
血管内焼灼術の
実施基準による認定施設です
下肢静脈瘤治療認定賞状
レーザー治療(1470nm(保険治療)) 高周波治療
治療は全て日本脈管学会認定・脈管専門医の院長が行っておりますのでご安心ください。
当院は、2011年から980nm波長のレーザー治療を施行し、ELVeSレーザー1470を保険適用となった2014年5月1日より施行しております。以降に保険適用なったLSO社1470nmレーザーや高周波の治療も行っておりの症例数は2019年8月31日までで4,689例施行しております。 (下肢静脈瘤 治療実績
           
国内初のELVeSレーザー1470およびラディアル2リングファイバーによる手術を行った際に、国内初として(株)インテグラル社より贈られました記念の楯
(写真はELVeSレーザー1470およびラディアル2リングファイバーによる手術を保険適用となった2014年5月1日に施行し国内初として(株)インテグラル社より贈られました記念の楯です。)

院長からのあいさつ

               
森末クリニック 院長 医学博士 森末 淳

院長からのあいさつ

おかげさまで、当院は10周年を迎えることができました。
私たちは今年も総合内科的診療に加え、
1.血行障害(下肢静脈瘤《日帰り手術》・閉塞性動脈硬化症等)
2.消化器病・甲状腺疾患
3.生活習慣病(高血圧・脂質異常症・糖尿病)
に重点をおいて診療を行って参ります。
皆様の体調を把握し、的確な治療を行って参りたいと存じます。どうぞかかりつけ医としてご活用ください。
また、昨月までに下肢静脈瘤血管内焼灼術(レーザー治療・高周波治療・《保険適応》)は4,689件施行いたしました
これらの経験を活かし、さらに良い診療を目指し頑張りたいと存じます。
季節の変わり目に体調を崩されないよう、ご自愛のほどお願い申し上げます。

院長 医学博士 森末 淳

院長資格

日本消化器病学会認定 消化器病専門医
日本外科学会認定 外科専門医
日本脈管学会認定脈管専門医
日本医師会認定健康スポーツ医

当院の治療方法について

下肢の静脈が太く、モコモコと瘤のように膨らんで曲がりくねって
浮き出ているものを「下肢静脈瘤」といいます。
下肢の血液は、足の運動によって心臓に戻っていきます。
また静脈には、血液の逆流を防ぐためのバルプ(弁)がついていて、血液が重力に負けて下の方へ引かれ逆流しないようにくい止めています。

当院での治療方法

下肢静脈瘤治療は、随時に超音波検査(エコー)を行うことで、患者様の状態を把握しつつ、さまざまな治療方法を組み合わせて治療してまいります。

下肢静脈瘤レーザー治療
下肢静脈瘤レーザー治療

平成23年に980nm波長のレーザーによる血管内焼灼術が厚労省に認可され、当院でもレーザーによる血管内焼灼術の保険診療を開始致しました。平成26年5月1日に1470nmレーザーによる血管内焼灼術が保険収載され、同時に当院のレーザー治療も1470nmレーザーに切り替わりました。現在、保険で認められている血管内焼灼術のレーザー機器は2機種あり、当院では双方装備し、症例に応じた選択を行っています。

高周波カテーテル治療
高周波カテーテル治療

460kHz(15~40W)の高周波電流をカテーテル先端の金属コイルに流し(7cmと3cmの2種類あります。接触した静脈壁に、120℃の熱変性を加えることにより治療します。カテーテル先端に温度センサーがついており、出力調整されます。比較的屈曲の少ない大伏在静脈本幹(膝上~膝下1/2)が最適であり、7cmあるいは3㎝ごとに焼灼していきます。

下肢静脈瘤の治療にかかる費用

下肢静脈瘤の治療は、すべて基本的に保険診療で行えます。

※表示価格は、すべて片足1回分での金額になります。
※再診料・超音波検査料・投薬料・酸素吸入を含みます。

初診時にかかる費用 3割負担 1割負担
初診料+超音波検査 2,200円 730円
治療方法 3割負担 1割負担
硬化療法 5,800円 1,930円
レーザー手術 48,000円 16,000円
ストリッピング 35,000円 12,000円
高周波カテーテル治療 48,000円 16,000円

下肢静脈瘤に関するよくある質問

当院に関するよくある質問

クリニック情報

所在地
〒191-0062
東京都 日野市多摩平1-4-19-201
電話番号
042-589-3030
診療項目
下肢静脈瘤 / 内科・胃腸科 / 生活習慣病 / 甲状腺 / 各種検査 / 予防接種 / 健康診断
※当院は下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の実施基準による認定施設です
診療時間
午前9:00〜12:30(土曜13:00迄)
午後14:30〜18:30
※10:30以降の予約が可能
※日曜日:11:00まで診療
下肢静脈瘤の初診外来のみ【完全予約制】
(日曜以外は初診・再診随時受付)
休診日
木曜午後・祝日
交通手段
JR中央本線「豊田駅」北口より300m(イオンモール多摩平の森向かい)
駐車場
あり

下肢静脈瘤外来のご予約・ご相談はこちら

下肢静脈瘤 専用 Web予約、お電話(診療時間内:042-589-3030)および電話予約専用ダイヤル(24時間受付:042-582-3085)にて承っております。

日曜日は初診の方のみ下肢静脈瘤外来を完全予約制(受付時間 9:00~11:00)で診療しています。
※平日・土曜日は通常通り診療を行っております。
※胃腸科・内科、生活習慣病、甲状腺のWeb予約はこちらからご予約ができます。
ご予約に関する詳細は予約ページでもご案内しています。

診療時間
9:00〜12:30
14:30〜18:30

◎:土曜13:00まで
※:日曜午前(下肢静脈瘤初診外来・完全予約制)
日曜以外は初診・再診随時受付
休診:木曜午後、日曜午後、祝日