過敏性腸症候群

過敏性腸症候群(IBS)とは

腸の検査や血液検査で明らかな異常が認められないにもかかわらず、腹痛や腹部の不快感を伴って、便秘や下痢が続く病気です。以前は過敏性大腸(かびんせいだいちょう)といわれていましたが、小腸を含めた腸全体に機能異常があることがわかってきたため、過敏性腸症候群と呼ばれるようになりました。
この病気は、日本を含む先進国に多い病気です。日本人では10〜15%に認められ、消化器科を受診する人の3分の1を占めるほど、頻度の高い病気です。発症年齢は20〜40代に多く、男女比は1対1.6で、やや女性に多くみられます。
症状が重い場合には、電車や車の中で急にトイレに行きたくなるため、学校や会社に行けなくなったり、外出を控えるようになったりなど、生活の質を低下させてしまうケースもあります。

過敏性腸症候群(IBS)とは下痢や腹痛は誰しもが経験する症状であり、それ自体が珍しいことではありません。
しかしそれゆえに、「ただの下痢や腹痛だから」と当たり前のように受け入れてしまい、そこに病気が潜んでいたとしても気づきにくい場合が多いようです。

医師と患者

過敏性腸症候群(IBS)とは下痢や腹痛は誰しもが経験する症状であり、それ自体が珍しいことではありません。
しかしそれゆえに、「ただの下痢や腹痛だから」と当たり前のように受け入れてしまい、そこに病気が潜んでいたとしても気づきにくい場合が多いようです。

また、便通異常から考えられる腸の病気には、多くの病気が存在します。 便通異常が長く続く場合は、まずその原因が何であるのかをしっかりと見極める必要があるでしょう。

こんな経験ありませんか?
過敏性腸症候群の原因

過敏性腸症候群では、消化管運動異常、消化管知覚過敏、心理的異常の3つが認められます。ただ、これらの異常を引き起こす真の原因はわかっていません。一部の患者さんでは、感染性腸炎のあとに発症することが明らかになっており、何らかの免疫異常が関わっている可能性も指摘されています。ストレスは、症状を悪化させる要因となります。

過敏性腸症候群の症状

主な症状は、腹痛もしくは腹部不快感と便通異常です。腹痛は、左下腹部に最も多くみられますが、部位が一定しないものも少なくありません。腹痛の性状は、発作的に起こる疝痛(せんつう) (さし込むような痛み)、または持続性の鈍痛のいずれかで、便意を伴っていることが多く、排便後に一時的に軽快する傾向を示します。一般的に、食事によって症状が誘発され、睡眠中は症状がないという特徴があります。

便通の状態により、便秘型、下痢型、交代型の3つに分類されますが、男性では下痢型、女性では便秘型が目立ちます。

下痢型

突如として起こる下痢が特徴です。突然おそってくる便意が心配で、通勤や通学、外出が困難になります。また、そうした不安が、さらに病状を悪化させます。

便秘型

腸管がけいれんを起こして便が停滞します。水分がうばわれた便はウサギの糞のようにコロコロになり、排便が困難になります。

交換型

下痢と便秘を交互に繰り返します。

その他、腹部膨満感、腹鳴(ふくめい)(おなかがごろごろ鳴る)、放屁などのガス症状も比較的多くみられます。このように、過敏性腸症候群では、腹痛やガス、下痢、便秘といった症状が起きて、 日常生活に支障をきたす場合があります。ストレスによって起こることが多く、それで症状が起きてまたストレスとなると悪循環になってしまうこともあります。 また、腸は第二の脳といわれるように、脳と腸は「脳腸相関」といわれる密接な関係があります。 腸管には「腸管神経叢(ちょうかんしんけいそう)」があります。 腸管神経叢は、脳と関連した神経管から発生していて、脳がストレスを感じると、その刺激が腸管神経叢に伝わります。

そして腸管が反応して便通異常やガス、腹部膨張感や腹痛となります。 その症状が、今度は逆のルートで脳に不安や緊張などのストレスを与え、頭痛、疲労感、不安感、 集中力の欠如など、さまざまな消化器以外の症状をひきおこします。 このように、「過敏性腸炎症候群」の患者さんは、この信号が伝わりやすくなっているため、腸が過剰に反応してしまうのです。また最近では、このしくみにセロトニンという物質(神経伝達物質※1)が深くかかわっていることや、セロトニンをコントロールすることで、ストレスがあっても症状を抑えられることがわかってきたのです。

※1:神経伝達物質…情報伝達をつかさどる化学物質の総称。

悪循環
セロトニンというと、うつ症状と関連してイメージする人が多いかもしれません。しかし実は、体内のセロトニンのうち、脳などの中枢神経に存在しているのはわずか1~2%程度。残りの約90%は、腸内に存在しているのです。
脳がストレスなどの刺激を受けると、腸の粘膜からセロトニンが分泌されます。それがさらに腸内にある「セロトニン受容体※2」と結合します。
すると、腸のぜん動運動※3が異常をきたし、下痢や腹部症状を引き起こすのです。

※2:セロトニン受容体…セロトニンを受けとって信号とする物質

※3:腸のぜん動運動…便のもととなる腸内の消化物を押し出そうとする腸の動き

悪循環
症状
過敏性腸症候群の検査と診断

診断の第一段階は、特徴的な自覚症状のパターンから、まずこの病気を疑うことです。次に、似たような症状を示す他の病気(腸のポリープやがん、憩室、潰瘍性大腸炎、クローン病などの器質的疾患)がないことを検査で確認します。

自覚症状からの診断方法として、ローマ基準という世界的に標準化された診断基準があります。

次の1および2の症状が3カ月以上存在する場合に、この基準を満たすと判定します。

方法
腹部の診察では、とくに左下腹部に圧痛を認めることが多く、時に圧痛のあるS状結腸を触知することがあります。50 歳以上で初めて発症した場合や、発熱、3kg 以上の体重減少、直腸出血のような「警告徴候」が存在する場合には、大腸内視鏡検査によって器質的疾患を除外する必要があります。

検査と診断
腸に発生する病気

過敏性腸症候群の治療方法

治療においては、「命に関わることはないが、経過が長く完全に治ることが少ない」というこの病気の性質を理解することが必要です。また、症状の完全な消失にこだわらず、日常生活のなかで病気とうまく付き合っていくことも大切です。

過敏性腸症候群の治療には、3 食を決まった時間に摂る、暴飲暴食を避ける、睡眠や休養を十分にとる、ストレスを解消する、朝の排便を習慣づける、といったライフスタイルの改善が欠かせません。そのなかでも重要なのが、食事療法や運動療法による治療です。

過敏性腸症候群の食事療法

下痢をくり返している場合は、香辛料や冷たい飲食物、脂っこいものなどを避けます。乳製品やアルコールも下痢の原因になる可能性があるので、控えたほうがいいでしょう。便秘をくり返している場合は、香辛料など刺激の強い食品は避けつつ、 水分や食物線維を多く摂れるような食事を心がけていきます。

食事療法
過敏性腸症候群の運動療法

適度な運動は腸の働きを整える効果が期待できるほか、気分転換・ストレス 解消にもなります。体操や散歩などの軽い運動を生活に取り入れましょう。

運動療法
過敏性腸症候群の薬物療法

食事療法や運動療法で症状が改善しない場合は、医師による薬物療法が用いられます。薬物療法は、症状に合わせて以下のような治療薬が処方されます。また、腸のセロトニンに作用し、早期から確実に症状を改善する薬も用いられるようになりました。

薬物療法
セロトニン※3受容体拮抗薬

腸で作用するセロトニンの働きを抑え、腸の運動異常や痛みを感じやすい状態を改善する男性の下痢型 IBSにおける治療薬です。

※3:セロトニンには現在1から7までの受容体がわかっており、体の中でいろいろな働きをしています。

高分子重合体

便に含まれる水分量を改善して、便をちょうどよい硬さに保つ薬です。

消化管運動調節約

消化管の動きを活発にしたり、抑えたりする薬です。

乳酸菌製剤

腸内の乳酸菌を増やすここで、腸内環境を整える薬です。

下剤

腸の運動を活発にしたり、便をやわらかくしたりする薬です。

抗コリン薬

腸の異常な運動を抑え、腹痛を抑える薬です。

薬剤師

クリニック情報

所在地
〒191-0062
東京都 日野市多摩平1-4-19-201
電話番号
042-589-3030
診療項目
下肢静脈瘤 / 内科・胃腸科 / 生活習慣病 / 甲状腺 / 各種検査 / 予防接種 / 健康診断
※当院は下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の実施基準による認定施設です
診療時間
午前9:00〜12:30(土曜13:00迄)
午後14:30〜18:30
※10:30以降の予約が可能
※日曜日:11:00まで診療
下肢静脈瘤の初診外来のみ【完全予約制】
(日曜以外は初診・再診随時受付)
休診日
木曜午後・祝日
交通手段
JR中央本線「豊田駅」北口より300m(イオンモール多摩平の森向かい)
駐車場
あり

ご予約・ご相談はこちら

 Web予約下肢静脈瘤 専用Web予約、お電話(診療時間内:042-589-3030)および電話予約専用ダイヤル(24時間受付:042-582-3085)にて承っております。

日曜日は初診の方のみ下肢静脈瘤外来を完全予約制(受付時間 9:00~11:00)で診療しています。
※平日・土曜日は通常通り診療を行っております。
ご予約に関する詳細は予約ページでもご案内しています。          

診療時間
9:00〜12:30
14:30〜18:30

◎:土曜13:00まで
※:日曜午前(下肢静脈瘤初診外来・完全予約制)
日曜以外は初診・再診随時受付
休診:木曜午後、日曜午後、祝日